芸能人や海外モデルからも人気の「赤リップ」。街でも華やかな濃い色のリップを付けている女性もたくさん見られますね。女性らしくかつ、凛としたイメージな赤リップはメイクのアクセントにぴったり。取り入れてみたいけれど、派手な色はちょっと…とためらっている方も、ぜひ挑戦していただきたいもの。悩んでいる方は赤リップの塗り方をちょっと一工夫して、カジュアルな雰囲気でたのしんでみませんか。とても面白いことに、口紅は塗り方ひとつで印象ががらっと変わるのです。特に、濃い色の口紅なら違いが顕著にわかりますね。フォーマルな印象に仕上げたいときには、輪郭をリップライナーでしっかりとってから、口紅を塗ることがおすすめ。しっかり色が乗り、女性らしい雰囲気になります。しかし、カジュアルに抑えたいときは、あえて輪郭を縁取らずに口紅を乗せてみましょう。そのまま直に口紅を乗せてしまえば、色味が強すぎる場合があります。手の指でスタンプするように、ポンポンと少しずつ色を乗せていくことがポイント。唇の輪郭を取るのが苦手…という方も、ポンポンと手で色を乗せるだけなら失敗もしにくいです。抜け感があり、こなれた雰囲気になります。しかし、色味はつくので、血色のいい女性らしいリップメイクに仕上がります。マットな口紅なら大人っぽい雰囲気に。かわいさをプラスしたいなら、グロスで唇中央にツヤもプラスしてみましょう。赤リップも「意外といける!」と思った方も多いのでは?乾燥肌